2021年03月15日

2021 3/14(日) 茨木クリエイトセンター

314()茨木市クリエイトセンターで開催されたイベントにゲスト出演させていただきました。その名も、


新内の楽しみ 特別編


「新内」とは新内節の略で「しんない」と読むそうです。浄瑠璃の一種で「抒情豊かな語りが特徴」なのだそう。

素浄瑠璃といって、三味線と語り(うた)の世界をいうそうです。


茨木市出身の世界的な現代作曲家・松下眞一さんの楽曲を、新内浄瑠璃で振り返りながら、ところどころでヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、ピアノのアンサンブル九条山のみなさんが演奏されました。前衛的で魅惑的なサウンドはとても新鮮でした!

私たちPYLONは松下さん作曲の「茨木讃歌」を歌いました。


今回実は茨木市合唱連盟の方々が出演できなくなり、急遽ピンチヒッターとしてPYLONが出演することになりました。

かつてないジャンルのステージに少々不安を覚えながらも、


〜我らの茨木 我が街茨木〜

そんな茨木愛満載の楽曲。

うしおリーダーが事前に茨木をリサーチし、茨木あるあるネタを盛り込んだMCも大変好評いただき胸を撫で下ろして帰途につくことができました。


まだまだ見通し立たないコロナ禍の中お出かけ下さったたくさんのお客様、共演者の皆さま、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました!


お土産にいただいた百万遍かぎや政秋の益寿糖の美味しいこと!!



3週間前なのに、スケジュール調整してくれたらたくん&Rioちゃんもありがとう!!


久しぶりにみんなで歌えて幸せでした。


1711C96A-BBD5-4DBA-81E5-D1A94AAC031B.jpeg16F9A42F-76FB-4769-AE72-45F0524D44A3.jpegBD491EC9-8664-4A6C-9F9E-9A502D3B0189.jpeg207E3F44-B19F-411B-9E99-F5AAFD3CF963.jpeg9009C000-95A3-4580-9300-08DFB0D69707.jpeg





【学校公演・鑑賞会の最新記事】
posted by PYLON at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校公演・鑑賞会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188492802

この記事へのトラックバック